<< 死ぬまで生きる覚悟を持って | main |

人生最大のサプライズ

 本当に本当にお久しぶりのブログです

幸恵塾のスタッフブログには
ごくたまに娘の美脳子育て編を載せていましたが
本当に自分のブログには久々です。

この一年、今思い起こせば
すごくしんどかった一年だったようです(他人事のようですが)。

自分の事など書く余裕もなく
振り返る暇もなく
目の前に落ちてくる問題や仕事を「えいやー!」と
投げ飛ばすようにこなす日々

そして、とても孤独だったような気がします。
それは今に始まったわけではなく
私の働き方はとても孤独だったようです。
それは、私が自ら選んで孤独になっていたのです

それを払拭するように
久々に必死で働いた一年だったような気がします。



そんな私に転機が訪れたのは
昨年の9月、私の誕生日

私の中で、何かが壊れたのです。
「皆に本気で向き合おう
そう強く自分に宣言しました。

お誕生日に、
幸恵塾をこの一年必死で支えてくれたスタッフ
株)グランブランのスタッフ
そして幸恵塾を新たに職場に選んでくれたスタッフ
やっぱり幸恵塾が好きと帰ってきてくれたスタッフ
彼らに幸恵渾身のスタッフ美脳トレーニングを
2日にわたって開催しました。

私の想い、私の信念、私の愛
幸恵という人物を隠さず飾らずぶつけていきました。
それを受け止めてくれたスタッフ達。
そしてそれに答えてくれたスタッフ達。

まだ足並みはそろってはいなかったけれど
同じ船に乗る私のクルー達。



今年の3月3日、幸恵塾の3周年パーティーに向けて
本当に私たちを支えてくださった生徒さんに
サプライズの歌のプレゼントをしました

その練習をする2か月の間
スタッフ同士ぶつかり合ったり
励ましあったり
助け合ったりしていく中で
確かな絆が生まれていきました。

信頼や尊敬や愛なるものが
私たちの意識の下でつながっている感覚がありました。
小さいけれど、確かに皆で一緒に一歩を踏み出した瞬間でした。

パーティーも成功に終わり早1か月。

4月1日
私とキャプテンは子供をUSJで遊ばせながら
USJ内カフェでミーティングをしていました。
色々話す中で
ワンピース風に私たち全員をキャラクター化した絵を
「絵の得意なイッサコーチ書いてもらえないかなー
とか
お土産の中からリストバンドを見つけて
スタッフに似合うのを見つけて
「皆でお揃いもかわいいな
と言ったりしていました。


次の日、4月2日のミーティングの日にそれは起こりました。

初めてスタッフ達が仕切るミーティング
3年目にして初めてのことで
私は本当にうれしくて

3年目にして幸恵塾がまた進化したこと
そしてパートだったユカココーチが正社員になってくれると
嬉しい知らせに、お昼にスタッフに内緒でケーキを買って
3本ローソクを立て「Dream Come True In Yukiejyuiku」
のメッセージとともに
今日からまた新しい幸恵塾の誕生を皆でお祝いしました




時間はオーバーしたものの
中身の濃いミーティングになり私は大満足でした

すると
若いスタッフ達が私・キャプテン・ミーコ先生を呼び
スタジオの前にきれいにしつらえた椅子に座らせ
照明を落としムーディーにしたな中で
突然きれいなハーモニーで歌をプレゼントしてくれました。

そうです、一か月の間私たちのために
朝早く集まって、秘密の猛特訓をしてくれたのです

感激で泣けてきました

歌が終わって
「幸恵塾を辞める理由のない会社に一緒にしていきましょう」
「一人じゃない。僕たちがいつもそばにいます」
「いつも、ありがとうございます」
とメッセージをくれ
みんなでパーティーで撮った写真が描かれたケーキを
「今日が新しい幸恵塾の誕生日。3年よく頑張られました
と3本のローソクをともしてプレゼントしてくれました。



そうです。私たちは同じことを考えていたのです。
そして一日に2つの幸せなホールケーキを
食べる羽目になったのです



それだけではありません。
なんと、イッサコーチが夜遅くまでかかって書いた
スタッフ全員が描かれた大きな絵をプレゼントしてくれました。
それは、まるでワンピースのように
私たちが全員カッコイイ海賊になっている絵だったのです



















私は嬉しさと、あまりの想いの一致に
号泣してしまいました
人前で嬉しくて声を出して泣いたことなど
一度もありません。
いやもしかしたら、嬉しすぎて大笑いしていたのかもしれません。
自分でも嬉しすぎて、感情が噴出したので
自分がどうなったのか記憶にないほどです。

しかしサプライズは終わりませんでした

若いスタッフ達が
皆でお揃いの物を身に着けたいと
「幸恵塾」と刺繍されたリストバンドをプレゼントしてくれたのです。


もう、なにも言うことはありません。
彼らとは確かに意識の下でしっかりと
信頼と尊敬と愛と熱い想いで繋がっている最高の仲間

そんな彼らと幸恵塾なる船に乗って
このクルー達と同じ夢に向かって進んでいきます
この仲間と一緒に大海原に大きな一歩を踏み出すのです。


本当に私は一人じゃないと思います。
今はすべてを彼らに任せて
私は塾長として大暴れするつもりです。

生徒さんたちを美しく幸せに
スタッフとその家族を豊かで幸せに
私とその家族に最高の人生を

彼らがガッチリ私を支えてくれる。
だから、
どんなに傷ついても私が先頭切って夢に切り込んでいきます。


行くぜヤローども!面舵いっぱーい!!









Dream Come True In Yukiejyuku

   
 
yukiejyuku * 美の伝道師達 * 22:56 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/04/09 1:16 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/04/18 11:45 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2014/04/14 9:43 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2014/04/14 11:00 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2014/05/14 10:47 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2014/05/14 10:56 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ