<< 恒常性維持機能 | main | 美脳的お食事のとり方 >>

お腹・お腹・お腹

お腹の悩み・・・その原因は!!


幸恵塾のグランドオープンからはや一ヶ月経ちましたラッキー
塾生さんたちのボディーやお肌に変化も出てきた今日この頃
とても嬉しく思っています。


幸恵塾の体験は、いわゆる入学オリエンテーションを兼ねていまして、
アンケートに答えていただいたり、幸恵塾のコンセプトの説明もさせていただいています。
今まで体験していただいたアンケートのお答えの中で
「うむ、やはり・・・」と思う結果⇒それは、「一番気にされている身体の部位」で予想通りといいますか、ダントツの一番が「お腹」!!です。


読売ライフさんで美容コラムを連載しているのですが、そのコラムで反響が高いのはやはり「お腹」コラムだそうです。

それが、痩せている太っている関係なく「お腹」を気にする人が多い!!のです。


そして「このお肉が・・・」とワシッと お腹をつかむ方もいらっしゃいます。
しかしながら、お言葉ですが・・・多分それはお肉では無いとお見受けします・・・
それは、筋肉低下による内臓下垂にお腹のムクミではないかと判断いたします。

例えばこんな方
・体重は変わっていないのに、お腹が出てきた
・お腹だけでなく、お尻の形が悪く(四角く)なってきた
・手足が冷えてムクンでいます

などなど・・・

女性は、子宮という臓器がある上に男性より筋肉が弱いので
内臓が下垂しやすいのです。
筋肉が弱い、又は運動をしないので筋力が弱いということは
歪みも起こりやすく、歪みがムクミを引き起こしやすくなるのです。
手足や顔がむくむのに、お腹だってムクむんですよ。


対策は、歪みをとってしっかりと内臓を引き上げる筋肉をつけることです。

そして、しっかり身体を温めることです。

簡単お腹ムクミ取り法
・寝転んで、足の付け根を優しくさする
  ⇒おヘソの両横を縦方向にさする


簡単内臓引き上げ体操
・背筋を伸ばしてイス(ソファー)に座った状態から足踏みします
  (膝を胸の高さまで引き上げる)

テレビを見ながら気がついたらやってみてください。
効果テキメンですよ。

今、メタボが話題ですが、なんでもかんでもメタボや脂肪のせいにしないで
ご自身の身体に聞いてみて下さい。
「最近運動したっけ?」
「ボディーのお手入れはいつごろした?」
「手足の冷えやムクミ対策は何をしたかしら?」

ちゃんと返事が身体や記憶から返ってこなかったら

「ごめんねーー、今からお手入れするからねーー
 すぐに綺麗になるからねーー」


と、簡単お手入れをテレビを見ながら、とか、お布団に入ったら、とか
ちょちょっとやってみてください。
気長に楽しみながら身体と向き合ってみると、思わぬ嬉しい結果に
出会えるはずです。



あなたのその 「お腹」 本当に脂肪ですか???
yukiejyuku * ボディーメイク * 02:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ