イケメン発見!!

78歳 超イケメンドクター 佐藤富雄先生!


行って来ましたラッキー
もう何年ぶりになるでしょうか?
ずーーっとアウトプットばかりしてきて
頭も心も枯れてきましたよー
と脳からの信号は受信していたのですが、
心動かすセミナーも見つからず
日にちばかりが過ぎておりました。

そして、とうとう見つけてしまいました。
大ベストセラー作家の佐藤富雄先生のセミナーを

佐藤富雄先生「クチグセ」理論の提唱者で、
100冊を超える著書を書いている大ベストセラー作家でいらっしゃいます。

ご存知の方も多いと思いますが、
もしご存知ない方も
著書をご覧になると
「あーーー知っている」というぐらい有名な先生です。


私が太っていたころ、悪いイメージしか沸いてこず
負のスパイラル生活から脱却できたのは
この佐藤先生の理論を学んだ方から
その考え方を伝授してもらったからなのです。

そのときは佐藤先生の存在を知りませんでしたが、
後になって著書を読んで
その科学的で理論的、
にもかかわらず誰にでも実践できて効果がある
「クチグセ」理論に深く感銘を受けました。



私はそのときは、
ツボや経絡の達人の先生から
恒常性維持機能のお話しを習っていましたが、
佐藤先生の「脳」からのお話と
東洋医学の「身体」の話はまったく同じで、
「脳」と「身体」は本当に密接に関係しているのだとビックリしました。

幸恵塾のベースの考え方を
この2人の達人に育ててもらったのです。



私たちはある日突然ポッと生まれた・・・のではなく
猿人から言うと650万年ほど前から、
命のレベルで言うと、地球最初の生命体は38億年
多細胞生命体が生まれたのが10億年ほど前。


「へえ〜あら、そーなのふぅ〜ん
と他人事のようにこの話を聞き流さないで下さいね。

この途方もない大昔から、私たちの命は進化し続けてきたのです
この38億年前の生命体は、
私たちのおばあちゃんのおばあちゃんの、
そのまたおばあちゃんの・・・・・とたどっていけば
必ずぶつかる私たちの祖先なのです。



その進化の過程で、何億種類という生命体に枝分かれして進化していったのでしょうが、
強いもの、地球上の変化にすばやく順応できたもの、子孫を増やせたものだけが生き残ってきました。
要は生きる力が強いものだけが生き残ってきたのです。



ご存知のとおり、私たちは今地球上で霊長と呼ばれる生き物です。
と、言うことは、私たちの遺伝子やDNAの中には> 「生きる」「生き延びる」という強い情報が入っているのです。
 「生きる」為には健康でなくてはなりません。
「生き延びる」為には 豊か でなくてはなりません。
「生きる」為には 美しく なければ、異性に選ばれず子孫を残せません。


だから、私たちの本能や脳や身体の仕組みの中には
「健康で豊かで美しくなる」ということを欲っしますし
その為の機能が整っています。

(佐藤先生はこの遺伝子の事を『勝ち組遺伝子』とおっしゃっていました。
私たち皆『勝ち組遺伝子』の保有者なのです。素敵ラブ)



身体の仕組みを少し勉強した方なら、
どなたでもその身体の仕組みや
システマチックな機能に神秘を感じると思います。


私たちはポッと出の、
悩み多き、不幸で不健康で美しくない根無し草のような生命体ではなく、

生命誕生の時から
生きるコトに長けた
幸せで豊かで健康で美しくなれる機能を身につけた
選ばれし生命体なのです



ではなぜ、皆が「幸せで豊かで健康で美しい」わけではないのでしょう?

それは、ご自身の脳や身体の機能を使いこなせていないと言うこと。さらにそんな機能があることを知らない又はご自身の底力を信じていないからです。
ご自身の、今は眠っているであろう最高の機能を目覚めさせれば
人はかくもこのように
素敵に幸せに健康に豊かに歳を重ねることが出来る

その代表的な一人が佐藤先生だとおもいます。


ストレスや環境によって
脳や身体の機能はおとろえていっているのは事実です。

それを食事や運動や考え方で回復し
本来の素晴らしい機能を動かすことは出来るのです




佐藤先生の理論をセツセツとここで私が連ねるより
是非、直接本を読んでみてください。その年代別・性別に応じた数々のい素晴らしい著書があります。
絶対に損はしません。
年始に向け新たに心を整理するにももってこいです。
是非ご一読を。



なので、私はこの目で見た生「佐藤先生」の魅力をお伝えしたいと思います。

私が行ったのは
熱海の佐藤先生のオフィスで開催する
1泊2日のロータスセミナーです。
朝10時から夜10時まで。
次の日は朝9時30分から夕方4時までのかなり長いセミナーです。

参加人数も少な目で佐藤先生とはじっくり向き合えるセミナーです。

佐藤先生にはもちろんファンも多く
セミナー常連の方もいらっしゃいましたが
私と数人はまったく初めて。
朝一番に行って、もちろんドクター佐藤の近くのお席に無事着席


佐藤先生は77歳です。年明けすぐに78歳になる方です
通常78歳となると、呼び方としては
「おじいちゃん」とか「ご隠居」とか「ご老体」ですが、
いやはやビックリです。
なんとチャーミングで色気のあるジェントルマンなことか


それもそのはずで、
もちろん仕事は現役で、バリバリのお金持ち
趣味は、スキーはプロ級・ハンティング・クルーザーなどで日本や世界を飛び回っています。
そして、健康のために毎日1時間のウォーキングやローラーブレード・ランニングなどをこなすスーパーマンです。

肉体年齢50歳といわれていますが、
50歳でもあんなバイタリティーのある方は珍しいと思います。

先生は100歳まで生きられるそうで
これからが人生充実の時 とおっしゃっています。
だからきっと70代なんてまだまだこれから遊ぶぞーと
ワクワクハートする年代なんでしょうね。


なぜ佐藤先生があんなにチャーミングで魅力的かというと
彼とお話していて歳を重ねていく絶望感を微塵も感じないからです
それどころか、彼の周りには感動が満ち溢れていて
楽しくてしょうがないという雰囲気が私たちにも伝わってくるのです

頑固な部分やヘンコな部分は一切なく
よく「少年のよう」と男性を表現しますが
佐藤先生は「悪ガキ」のようで
いたずら心満載で、目を離せないのです。
 「生きる」 ということは素晴らしいことなんだということを
目の当たりに出来ている感じです



そして先生を見ていて、男性も女性も「生涯社会人現役」を貫くことは
大切だと思いました。
もちろん定年などあったり、お仕事をされていない方もいらっしゃるでしょうが、社会に参画することはお仕事だけにとどまりません。
大人になるということは、若い世代に何かを残していくという
大切な役割があるはずです。
大きな事でなくても、お孫さんなどに話を聞かせてあげるとか、
ボランティアをするとか。
とにかく引きこもらずに、人と関わることが大切です
常にご自身が社会に参加していると、歳を重ねて枯れてくることが
少ないように思います。
イキイキと歳を重ねる、そのことだけで、
若い世代に歳を重ねることは楽しいコトという無言の教育が出来るのです



そして、何よりも大切なことは「健康」です。
佐藤先生はいつまでもチャレンジし続けられる身体と脳をご自身でちゃんと維持・管理していらっしゃいます
セミナー2日目の朝、熱海の海岸の遊歩道を参加者の皆さんとアシスタントの方々の先導で1時間ほど歩いてきました。
本当に気持ちが良く、その後のセミナーで脳を駆使したのですが
出るわ出るわのイメージング。
ウォーキングの効用は佐藤先生の著書を呼んでくださいね。


歳を重ねる=病気になる
こんな図があまりにも当たり前に出来上がっています。
そこまでいかなくても、歩けなくなるとか、しんどくなるとか・・・
でも体力や健康はご自身の努力と脳の使い方で
何とでもなるのです。


よく、
「75歳くらいまで生きられたら十分。
80歳や90歳なんてもうヨボヨボになって生きたくないわ。
歩けるうちに生涯を終えたいわ」

と私はよく聞いていましたし、
私もこれと良く似た考えをもっていました。

でも今はもったいないと思います。
私たちが持っている70歳80歳のイメージはもう古いのです。


私が子供の頃は24歳が適齢期の最後の歳・25歳は売れ残り
よくクリスマスケーキに例えられていたのです。
40歳はもうおばさん、
60歳はおばあさんでした。
でも今は違います。
20代はまだまだお嬢さん
30代のママもキャリアウーマンもビックリするくらいお綺麗。
40代も50代も60代も生き生きと若々しく年齢を重ねていらっしゃる。
そんな時代です。



これから医療や美容が益々進めば
10年後や20年後、
今の森光子さんのような80代の方が普通なんて世の中は
必ず来ることは安易に予想されます



という事は、大人の私たちが自身で老化を進めるような
生活や脳の使い方をするのではなく
生きていくことを、生き生きラブラブとワクワクラブと楽しむということを
更には健康で豊かで美しい老後を実践していくことが
本当の社会貢献です。


感動のない頑固なお年寄りではなく
お茶目で素直な歳を重ねた大人になるために
脳と身体を鍛えましょう。



歳を素敵に重ねていくと本当に色気って出てくるものだな〜と
関心します。
喜びも悲しみも人生の艶となって出てくるものなのですね。
今回、
私も、自分の人生の喜びも悲しみも受けて立つと
改めて心に誓いました。
そしてそれが自身の生き様として、色香におい立つ素敵な
「歳を重ねてきた大人の女性」になりたいと思いました。



佐藤先生や身体の機能をフルに使いこなせる
「生きる」ことにまじめに真摯に取り組む
「生きる」ことのスペシャリストなのです。


皆さんも、年明けからの計画をそろそろ立て始める頃ではないでしょうか?

来年からの
「80歳現役、100まで健康で感動的に生きるプロジェクト」を立ててみませんか?
まずは身体を動かすところから

幸恵塾で加圧トレーニング?
ウォーキング?
ストレッチ?

出来るところから始めてみましょうね。


私は人生70年と思っていたので
100歳だったらまだ半分も生きていないので
人生設計の建て直しからです。
そしてもちろんウォーキングも加圧トレーニングに加えて頑張ります。


そんな頑張ると決められた皆さんに
佐藤先生のお弟子さんから教えていただいた
佐藤先生の素敵な言葉をプレゼンとします。

「 『生きる』というモチベーションが高ければ
全ての悩みは解消する!!



どうでしょう、 「勝ち組遺伝子」はうずき始めてきましたか?
では皆で、死ぬまで生きて生きて生き抜きましょうグー!!


yukiejyuku * 美の伝道師達 * 15:01 * comments(5) * trackbacks(0) * pookmark

「こだわる」事と「とらわれる」事

こだわっても、とらわれるなかれ!


又、ずいぶんコラムのアップが遅くなりました汗
「楽しみにしていますラブ
とおっしゃって下さる方が少しずつ増えてきていただいて、
本当に嬉しいやらラッキー・アップが遅くて申し訳ないやらポロリ


今、アップ待ちのコラムが3件あります。
渾身の力を振り絞って書いては見ているのですが、
出来上がってしまうと
「・・・ううううん、何か違う・・」と納得がいかなくて、アップに至らないコラム達。


猫男爵が
「いい加減アップしなさいよ怒りマーク
と言うのですが、
「いやいや、これでは上手く理解してもらえない気がする」
と、一語一句見直してはため息ムニョムニョをついて
「今日はアップ見送りです・・・困惑とパソコンを閉じる。


こんな事を何度とやっていると、ついに猫猫男爵が
「何を迷っているの?
と詰め寄ってきました。


私なりには理由があって「あーだ、こーだ」言い訳をしていたのですが、
話をしているうちに

「あーーーーーーーびっくり 
と、目からウロコのゴロンと落ちたdownのです。



今日はそのウロコゴロンdownのお話です。


私は こだわりを持って生きている人は大好きで
私もこだわりを持って生きていきたいと若いころから思っていました。


こだわり」という言葉の中に「信念」という言葉のニュアンスに似た感覚をおぼえるからです


私の中では、 「お金」はもとより「美しさ」、それに自身の「表現」こだわりをもって携わっていきたいですし、そうしてきたつもりでした。


ただし、「こだわり」というのは、
生きていくための力になってくれたり、方向性を示してくれるものであって
それが全てではない感じもありました




たとえば、お金は人生を豊かにするものですし大切ですが
人生の全てではない
美しさも同様です。

美しくなるということは、自身を自由にする行為です
今まで自分に自信がなく、諦めていた事や服などが ちゃんと選ぶことが出来る。

どちらも、「幸せ」になるための大切な道具や手段なのです。


しかし、こだわりが行き過ぎると「とらわれ」てしまうのです。


お金がないと人生が終わったように感じる。
お金基準でしか物事をはかれなくなる。
使うとなくなるから不安。
たとえお金がいくらあっても足りないようで不安。
誰かが自分のお金を狙っているような気がして不安。


その逆で
お金は敵でお金持ちは悪党。
お金を持つと不幸になると考えている。
そしていつもお金に困っている



どちらもお金を自分の為になる道具としては見ずに
お金にがんじがらめに脳を縛られている状態

=囚われの身
 になっている状態です。


美しさもしかり、
美の囚われの身になると女性は幸せになれない気がします撃沈



どんなに美しくても
満足しない。
ちょっとした事−アイラインの長さや、髪形の微妙な違い−が気になって
自分を楽しめない。
常に人と比べて優劣をつけて一喜一憂してしまう


たまにいませんか?
文句なくお顔・スタイル共に美しいのに
文句ばっかり言っている、または自分を楽しめていない女性。


逆もしかり。
美人は敵。
美しさにお金と時間を使う女性は、暇な人だ
女は見た目じゃないと言い切る人



どちらも「美」の奴隷です。


自分を幸せにしてあげる行為で自分を苦しめる。
それがとらわれることです。


とらわれると必ずそれがないと幸せになれないと思い込んで、
それが人生の全てになります。
そればかりに目がいき
なんでもないことで不安が襲ってきて苦しくなります


上の2つの事ばかりでなく
とらわれ」は色々な所に潜んでいます。


子供にとらわれる。
子供の事が全てになってしまって
冷静に見れなくなって
子離れできなくなる。



仕事にとらわれる
この仕事が上手くいかなくなったら
私は終わってしまうと小さくなって
力を発揮できない



別れた彼にとらわれる
彼以上に良い人はこの世にいないと
もういない彼だけを思い続け
いい人が現れても目に入れない



年齢にとらわれる
自分の年齢や、又相手より年上か年下か気になる。
自分の年齢に絶望感を感じたり
若ければ良いとか、頼りないなど
年齢を大きく人物の判断材料にしてしまう。




「それがないと生きていけない」
なんて物は、空気と水くらいしかないんだ!

と開き直って
幸せに照準をあわせて
「さてさてこの幸せの道具達をどうやって生かしていこうかイヒヒ
と考えることが懸命です。


とらわれた人たちに共通して言えること
それは完全に自分向きのベクトルが強すぎて
周りの事が一切入ってこなくなっているということ。


「こだわり」は捨てずに
「とらわれ」てしまっていることは
静かに手放しましょう。

そうすれば、あれあれ不思議!?
以外に手放しても私は生きている
それ以上にイキイキ星と生きているのです。


私がとらわれていたもの・・・
それは、自分が人になんと思われるのか
コラムの中の自分の存在価値にとらわれて
思い切ってお話が出来なくなっていました撃沈


無難に無難にまとめようとして
又は、ちゃんと書けても
「こんな大層な事、私が語っていいのか?
とプレッシャー困惑




猫男爵と話をして
吐き出しているうちに
どうしてコラムを書こうと決めたのか・・・

それは、幸せはシンプルなんだ ということを
少しでもお伝えしたいと思ったからですポッ
そして、そんな私が複雑になってどうするんだてれちゃう
と思えたこと。


そして
私は教える人ではなく
伝える人としてこのコラムの中で生きている

ということを思い出したとたんに

「あああああああ〜〜びっくり
目からウロコゴロンdownだったのですラッキー

とらわれ」を手放すと
あらあら不思議!?
楽に書けましたイヒヒ



一人で浮いたりup沈んだりdown
怒ったりぶー悩んだりムニョムニョ
かと思えば突然大声を上げて叫んでびっくり
笑い出したり楽しい

そんな私の独り言に気長に黙想ふぅ〜んしながら聞いてくれて、
私の気づきのお手伝いをしてくれる
猫男爵に感謝


そして、
どうぞ皆さん
幸恵の振り見て我が振り直してくださいませたらーっ


とらわれ」は空の彼方へ飛んでいけ〜曇り

みんなで目からウロコゴロンdown
yukiejyuku * 簡単美脳 * 17:18 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

「マケズギライ」の落とし穴

「マケズギライ」の落とし穴くもり

小さいころから負けず嫌いではなかった私は、よく母に
「負けて悔しくないの?」とよく叱咤激励を受けていました。

負けて悔しくない人は居ないと思います。
ただ、私はきっとこだわるところが人と違うのです。

それが良いか悪いかは別にして、
私は小さいころからこの「負けず嫌い」と言う言葉が不思議でなりませんでしたムニョムニョ

最初に印象に残った出来事は8歳位の時
お正月だったか、何かの集まりで子供達でトランプをしていたときです。

一人の大きな子が勝ち続けていて、勢いに乗っていたところ
小さい子達が要領を得てきて段々優勢になってきました。
私はカードゲームが大好きなので、何とか勝ちたくて必死で
あの手この手で失敗したり上手くいったりの繰り返し

あるとき、勝つためのセオリーが見えたのです!
そしてもう少しで勝つぞ!!という時に、その大きい子が
「面白くない、辞めたノーノー」と途中でゲームをほうりだしてしまったのです。

一同唖然唖然・・・「最後までやろーよー」というみんなの声も無視ふぅ〜ん
漫画を読み出したのです。
「ずるいぞー」と誰かが言ったのをきっかけに泣き出して悲しいしまったのです。

するとその様子を見ていたその子のお母さんが
「ごめんねーこの子負けず嫌いだから


私の頭の中は「?????????
マゲズギライってなんだ?
途中で辞めてもマケズギライなら良しとされるのか?
自分が空気を乱しても、
泣いたことによって悪くない私達が罪悪感を感じたとしても、
マケズギライなら許されるのか!?


と理不尽な気持ちと共に私の記憶に嫌な言葉のニュアンスとしてこの「マケズギライ」が残ったのです。


その出来事から35年以上経って、自分の子供がその頃の私と同じくらいの歳になった時、やっぱり周りから聞こえてくるこの
「マケズギライなの・・・」

「負ける」「嫌う」
まさかのネガティブワードの重ね遣い・・・
これは、美脳言葉ではありませんよね



全部とは言いませんが、
あえて「負ける」というところにスポットをあてて自分を語る人たちには、
落とし穴が潜んでいるように思えるのです。


これは数々の人たちを研修してきた私の中のセオリーですから、
私のアルアルですが・・・


,泙此⊆最圓垢襪海箸魄い又は恥ずかしいと思っている。
 さらに「負けないように」が目的になっているので
 あえて勝てないと勝手に判断しては、
 最初からやらない又は諦める人が多い

 

人が勝つことを喜べない 
 気持ちの上でどう思うかはその人の自由ですから、
 何を思っても良いとは思いますが、
 それが嫉妬やねたみになって
 人の足を引っ張ったり、
 狂おしく思い悩んだりとなると考えものです


私としては人と比べてというところで既に「?」が出るのですが、
世の中、人と比べることが好きな方が多いのは否めません


「勝つ」「負ける」という定義も曖昧ですが
「勝つ」=上手くいく
「負ける」=上手くいかない
というと分かりやすいのではないでしょうか?


ある、精神学者の先生がテレビで
「『マケズギライ』の方は上手くはまるととてつもない力を発揮するんですよねー」
とおっしゃっていましたが、
私的には「上手くはまらないとやっかいだなー」という感想です。


「マケズギライ」の方は、
勝っている自分が最高に美しい又は、かっこいいと思っているので それ以外の姿を受け入れられない方が多いのです。
上手く波に乗れば、どこまでも上っていくのですが、
一旦上手くいかなくなった時が精神的に辛くなりすぎるように感じます



では、どうすれば良いか
良い方法があるのですラッキー


美脳的にどうせ言うなら
勝ち好きハートと言いましょう

言葉のイメージは強く脳を動かします
あえて勝つ」にスポットを当ててみましょう
勝つ」も「好き」もどちらもポジティブな言葉。
とても美脳言葉です。



勝負の世界に生きているスポーツ選手でも
勝ち」にこだわっているのです
決して「負け」にスポットを当ててはいない。

そして負けたくないのは「誰か」ではなく「自分」です。

あのタイガーウッズなどは絶対にライバルのボールを
入れ!」とイメージするそうです。
相手のミスによって得られる勝利ではなく
相手も完璧で、その上で勝つという最高の美酒を手に入れたい

なんと恐ろしいほどの「勝ち好き」体質



だまされたと思って「勝ち好き」です、と言ってみてください。
すると不思議、チャレンジすることが面白くなってきます


勝気」というと私のイメージの中ではすごく尖った印象雷です。
勝ち好き」のイメージはホクホク・ワクワクおてんきのイメージがあります。
 言葉の持つイメージは大切です。
私はいつもワクワクして生きたいので、「勝ち好き」体質です。



勝つ」のは簡単ではありません。
でも必ず「勝つ」方法があるのです
そうです
勝つ」までやり続けることです


勝つ」にスポットを当てると
他の人や、余分な出来事に目がいかなくなるのです。



工夫やアイデア、モチベーションを保つための努力、そして何よりも行動。そこが重要ポイントになります。
すると、失敗することも一つのステップと思えるのです


そして
一生懸命チャレンジし行動している自分が一番美しく・かっこいい
と思えるのです。

たとえヘベレケニ撃沈なって、グタグタムニョムニョに失敗しても、
希望を捨てない自分が素敵と思えるのですラッキー


自分の選択や行動一つがご自身の人生を創っていくのだと実感できるのです。そして、それは「負け」たから終わるのではなく、諦めなければ永遠に続くワクワク体験になるのです



そして、ここまで「勝ち」やら「負け」やらと言い続けてきましたが、
「マケズキライ」の方の最大の特徴は勝負」という考え方です


勝つ」人upが居れば必ず「負ける」人downを作りたがる。
でも果たしてそうでしょうか
?

勝つ」の定義を整理してみましょう。


若いころ、色々な事で母と対立していた頃
その相談をしていた私の師匠がこうおっしゃったのです
何を目的にしてお母さんと喧嘩してるの? お母さんがズタズタに傷ついて、言い負かしたら貴方は勝利者になって満足するの? お母さんも貴方も幸せになるという勝ち方もあるよね

はっとしました。
私は私が勝つために手段を選ばす、色々な言葉で母を傷つけていました
知らず知らずに勝者になるために、母を敗者にしようとしていました
しかし傷つける事が目的ではありません
私の言うことを分かってほしかっただけです。


お母さんも私も幸せになる。
「共に勝つ」という勝ち方がこの世にはあるのだと。
「WIN・WIN」という考え方を身をもって解った瞬間です。



私たちはむやみに、意味なく勝負している瞬間があります。
親子・夫婦・友達・同僚・上司・部下・隣人などなど・・・本当に相手を負かす必要があるのでしょうか?
共に勝つ=共に幸せになる
という事が本当の目的ではないでしょうか?



「勝つ」という定義の中に
「勝負」以外に「共に勝つ」という言葉をどうぞ皆さんの辞書に入れてください



幸恵塾のモットーは
「できるかできないかで物事を計らない。
 やりたいのかやりたくないのか
 そして、
 やるのかやらないのか
 それが大切です
 やると自分で決めたなら迷わずやりましょう
 できないことは怒りません。
 でもやらないことは怒ります。


 みんな(スタッフも生徒さんも)で共に勝つために 
そしてなにより自分のために最善を尽くしてみましょう。」



みんなが勝ち好きになって、そして共に勝つ関係が沢山身近にいたら・・・
なんて美脳環境!
素敵ラブだと思いませんか?
yukiejyuku * 簡単美脳 * 11:36 * comments(5) * trackbacks(0) * pookmark

ハッピーバースデー 幸恵塾

HAPPY BIRTHDAY 幸恵塾ケーキ2!

またまたお久しぶりのコラムになります。

前回私のお誕生日サプライズパーティーの事をお話しましたが、
今回もお誕生日のお話です

幸恵塾が一周年を迎えました!

これもひとえに応援してくださった生徒の皆さんと
支えてくれたスタッフのお陰です。
ありがとうございます。



ということで、9月28日に
幸恵塾一周年記念パーティー
を開催いたしました。



場所は芦屋モノリス
とてもレトロモダンな建物で
入るだけでお姫様気分になれる素敵なウエディングレストランです。


はじめは「30人位集まっていただければいいねー」
なんて話していましたが、
なんと!総勢70名近くのパーティーになりました拍手

本当に嬉しかったですラブ

パーティー内容は
・幸恵の美脳講座
・お食事
・そしてプロのカメラマンによる写真撮影

です。


おかげさまで、どれもご好評いただきまして
皆さんに喜んでいただけたようで、ホッとしていますニコニコ



このパーティーの何が特に素晴らしかったというと
参加してくださった生徒さん方のファッションです。



特に厳密にドレスコードを引いていたわけでもなく、
ランチパーティーだったのですが、
本当に皆さんお洒落にそしてセンス良くドレスアップされていたことに
スタッフ一同感心しきりでした



幸恵塾スタッフは
生徒さんとは、いつも体操服でしかお会いした事がなかったので
「ここは張り切ってトコトンドレスアップすること祝と戒厳令が出ておりましたので
ヘア・メイクさんに2人も来ていただいて
華やかに、そしてお色直しまでさせて頂きました。


そんな私達をみて
「もっと華やかにしてくればよかった〜」と生徒さん達。
本当に美しくなることを楽しんでいらっしゃる方々です。


さらに
「次回は思いっきり華やかにしてくるから、クリスマスパーティーも
してください」
リクエストも数多くいただきましたびっくり

本当に本当に美意識の高い生徒さん達です。

そして、プロの写真撮影の時に
ただ、1人ずつのスナップ撮りではつまらないので
会場の端からモデルのように
ランウェイを1人ずつ歩いてきていただいて
会場中央でポーズで撮影
というファッションショー仕立てにしてみました



まったくのぶっつけ本番でしたが、
生徒さん達の姿勢と歩き方の素晴らしかったことラブラブ



いつも身体を鍛えていらっしゃるので
背筋はもちろんのこと、まっすぐな美しい姿勢
歩き方のポイントをかいつまんで説明したところ
それを直ぐに体現できる運動神経



本当に定期的に運動することの大切さと
正しい骨格と美しく筋肉をつけることの重要性を改めて感じました。


加えて、もちろん美顔ストレッチで培った笑顔も最高!!でしたラッキー

こんな素敵な生徒さん達に囲まれて、一年、
スタッフも磨かれましたよ
HPの写真が一年前です。
下の写真がパーティーの写真です。
いかがでしょう、
身体もしまり、少し洗練されていませんか?


私達は毎日、美しい生徒さんと美意識の高い芦屋という土地に
愛されてラブきたんだと幸せな気持になりましたポッ

あーーーまた美脳から美ホルモンが出てきましたよーー!


本当に幸恵塾を愛してくださった皆様ありがとうございます。
これから5年10年に向けて更なる新化を遂げながら
皆さんと一緒に美しさを作っていきます。
これからも応援宜しくお願い致します。



今回参加していただいた生徒の皆様ありがとうございましたラッキー
今回参加できなかった生徒の皆様、次回もございますのでお楽しみにチョキ!

残念ながら、生徒さん達のお写真は載せられませんので
スタッフのお写真でお楽しみくださいニコニコ

1周年
yukiejyuku * 幸恵塾 * 17:00 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

サプライズ ビューティー

サプライズ ビューティーパーティーラブ


おかげさまで、今月始めに44歳のお誕生日を迎えました拍手

ゾロ目の歳と言う以外は、特にスペシャルな感じも無く、
一応お仕事はお休みさせていただきましたが
予定も無く、「夜に家族でお食事に行きましょうビール」程度の日常。


幸恵塾には暗黙の価値観があり
「歳は上の方が素晴らしい」と誰もが思っているので
皆、少しでも歳を上に言うクセがあります。
私はずっと「もう直ぐ44歳」と言っていましたので
「やっと44歳になれたわ」
と少し嬉しい日でもありました



お誕生日2日前に、猫猫男爵から
「お誕生日プレゼントプレゼントにエステを予約したから、4時に行ってね〜。
その後タクシーで食事に行くから車を置きに一緒に家に帰ろう楽しい

といわれて、ビックリ唖然しました。

なぜって、私はお肌が弱く、今までにもお顔のエステを一番怖がって一度も行った事が無かったのです

少し怖い感じもしましたが、せっかくの好意なので
まあ、これも経験と思って素直にお受けすることにしましたニコニコ

当日は朝から各先生やコーチから、「お誕生日おめでとうおはな」メール
を沢山頂き少し気分も盛り上がりup
気まぐれにお部屋もお掃除をして洗濯をして、
子どもを習い事に送って、さてといよいよお誕生日です
いそいそとエステにお出かけし、初めてのフェイシャルラッキー

本当に皆さん本当に優しくて、丁寧で、極上の時間。
「おーーーーこんなに気持の良い事があったのか〜
 今までもったいない事をしたな〜ZZzzzzzz」

とうつろな世界をさまよい、起きたらビックリ!!
私がピカピカ星に仕上がっていたのです。


なんだこれは!?と思うほどふっくらピカピカに星星

エステって素晴らしいラブラブ
気持は20代です。
早速ピカピカのお肌に丁寧にお化粧して
エステの皆さんに「素敵なお誕生日を〜」と見送られ
猫男爵と一旦家に戻りました。


さすがに朝から動きっぱなしで少し疲れて、
タクシーが来るまで玄関に座っていたら、
家の中から猫猫男爵が
「ちょっとタクシーが遅れるみたいやから中で待てば〜」と呼ぶので
「はいはい」と階段を上がり、リビングに入ったとたん

パンッ!パパパパァ〜ンッ!!


凄い音のクラッカーの嵐に引き続き
「おめでとうございます祝
と沢山の人が飛び出してきました!


「ぎゃああああ〜」
とあまりに驚き奇声を発してよく見たら、
いつもの幸恵塾のみんながお洒落して、満面の笑顔で笑っている顔が並んでいたのですラッキーラッキーラッキーラッキー

もうビックリびっくりするやら嬉しいラブやらで涙があふれましたポロリ



このサプライズパーティーは3週間前から
猫男爵の呼びかけで、みんなが協力してくれていたようです。


みんなは何事も無いふぅ〜んように振舞いながら、
影で私にばれない様に打ち合わせを勧めていてくれていたようです。



パーティーの準備をするために私を家から追い出す作戦として
「絶対に動きの取れない状態」を作るためにエステを予約したのです。


ビックリするのは、エステの皆さんもこの作戦の協力者
私が4時という中途半端な時間ではなく、早めにして欲しいと電話をしたところ、空きがあるにも関わらず、
「申し訳ございません、本日は予約がいっぱいですので」
と名演技をしてくれたのでした。



前のブログで、せっかく書いたブログが飛んでしまって、
結局幸恵塾を休んで、又書いたとお話しましたが、
皆にとっては超ラッキーな出来事で、
「幸恵先生がいない隙に、話し合いが進んだ進んだチョキ
と喜ぶ姿に、みんなの想いが私のブログをとばしたのか・・・
と思ったりたらーっ


前の日曜日に、「出かけるよ〜」と何度も行っているのに、
猫男爵が黙々と家中を掃除して、私に「優先順位を考えてぶーと怒られながらも掃除の手を緩めなかった事も今なら納得


いつもはまじめで、よく気の付くイズルンコーチ(男性)が、
秘密のミーティングが長引いて
私に呼ばれていたことにも気づかず、
私にこっぴどく怒られた怒りマークのも、やっと理解できます。


金魚ピピピ姫はおしゃべりなので、
私に作戦がばれては困ると言うことで
当日まで秘密にされ
「私も騙された怒りマークとお冠でしたイヒヒ


先生方は、アリバイ工作と駄目押しで
「私は今から○○へ行きます。先生も素敵な一日を〜ケーキ2とわざとらしいメールを送ってくれていたのでしたてれちゃう



当日の買い物は、私と会うのではないかと
ビクビク冷や汗しながら中腰でしてたとか、
プレゼントを買いに行ったカオリンコーチとイズルンコーチが
夫婦と間違われて嫌だったモゴモゴ・・・などなど

今だから言える話で盛り上がりました。

みんなの「してやったり」の顔がとても嬉しそうで
子どものように、苦労した話や私にばれそうになった話を
キャッキャと目を結晶キラキラ結晶させて話していました。


もうそれからはしゃべって、食べて、飲んでの楽しい時間が過ぎましたディナーケーキ2ビール

最後に
「サプライズパーティーを作っているとき、凄いワクワクラブして私達のほうが幸せおてんきでした」
といってくれた皆に本当に感謝と感動です。


私達はつい、家族や人の為にやってあげているという気持になってしまいます。

そしてそれを時には苦労困惑と思ってしまいます。

そうではなく、本来は人を幸せにすると言うことはワクワクすることラブであり
何よりも自分が幸せになることなんだ

とサプライズパーティーで皆の話を聞いて思いました。

「情けは人の為ならず」
昔の人は本当に精神的に深い所に気づいて、いい言葉を残すなーと思います。

そして、もちろん一番幸せだったのは
その幸せな人々に心から祝福された私です



みんなの気持、みんなの時間、知らない人達までも快く協力してくださり、皆で創りあげた時間。

この瞬間もとても幸せでしたが、それまでに皆と過ごした時間と想いがとてもいとおしく思えました

そうやって気持と時間を重ねていく事が、歳を重ねていくことなんだとおもいました。
そしてそう思うと、やっぱり歳を重ねることは悪くないなーと感じるのです。

本当に本当にみんな、ありがとうございましたラッキー


その日、我が家は夜遅くまで星幸せなオーラ星で満たされていました。



毎月、美骨体操やトレーニングが変化すると
それで生徒さんがどんな風に変化してくれるかワクワクラブします


スタッフたちが良くミーティングで言う
「生徒さんの変化が一番嬉しい


私達も生徒さんにいっぱい幸せを頂いています。

これからも、幸恵塾は生徒さんにサプライズを提供し続け生徒さんと共に幸せになって行くそんなサロンであり続けていきますね
お楽しみにラッキー


そして、トレーナーのイズルンコーチは
「あーーー楽しかった。
もう一回幸恵先生のサプライズパーティーしたいです。」


いくら歳が上の方が良いからと言っても
一ヶ月で一回歳をとることは嬉しくないよ
イズルンコーチ困惑

PS−エステは最高でした。
   そして、近日中にパーティーの写真を載せるのチャレンジしますね。


yukiejyuku * 美の伝道師達 * 11:23 * comments(5) * trackbacks(0) * pookmark

感情込めて泣いてみる

感情こめて泣いてみる悲しい


今、私の心を表すとしたら「撃沈・・・・・・・撃沈

朝から頑張って書き上げたこのブログのコラムが
突然、こつ然、完全に全然なくなってしまいました汗

本当に韻をふんでしまうくらいショックです困惑


特に機械が苦手なわけではありませんが、
興味が無いのと、私は絶対に譲れない「昭和アナログ時代万歳」思想に取り付かれているので、基本的に必要にならない限りパソコンや携帯を使いません。
携帯電話も回りに頼まれて仕方なく持ち、しかし持ち歩かず・電話に気づかずの「幸恵の不携帯」で有名で、たまに電話に出ると
「わー出た!?」とお化けおばけ扱いです。

パソコンに至っては猫猫男爵が得意なことをいいことに、ブログまで打たしてやろうと思っていましたが、失敗に終わり、未だに扱い方がよく分からないまま触っておりますたらーっ
(だから、お返事いただいたのに気づいていない方がいたらごめんなさい汗
今回使い方をちゃんと聞いておきます)


そして、読んでくださっている人はお分かりだと思いますが、私は文章が長い!
ちょっとお手軽にお伝えします・・・というのは、熱い時代を過ごした「昭和アナログ時代万歳」世代にはちょっと苦手なのです。

しかも、私は本気で無呼吸状態モゴモゴになるほど集中しないと文章が出てきません。

金魚ピピピ姫が「おかあさーーーん」と呼んでも、遠く彼方の地から薄ら子どもの声が聞こえる程度で、完全に無視してしまいよく娘を傷つけてしまうので、娘のいない時間を見はからって打ちます野球


今日もまた渾身の文章を打ちまくりテニスゴルフ野球
ほっポッとして気が抜けた瞬間、何を間違ったか
ヒョロロロロロロロロォ〜強風と2時間30分の努力が飛んでいってしまいました。


涙がチョチョ切れる汗という状態に久しぶりになりました。


金魚ピピピ姫のように
「*@#?+$<“*〜」
と意味不明な奇声を発してギャーギャー泣けたらどれほど楽でしょうか

大人になって一番辛いことは、声を出してギャーギャー泣けないときです


あたる人も見当たらないので、ここで携帯電話携帯の出番です。

猫男爵に電話をし、「もしもしノーノーと言ったとたんに、さすが長年のお付き合い。

その一言で危険を察知した猫猫男爵は瞬時に、『無感情ふぅ〜んシールド』を張り巡らしました。

そんなシールドぶち壊してやると思いながら、
あたかも、文章がなくなったのは猫男爵のせいだと言わんばかりの口ぶりで
説明をしていると、

「んーーじゃあ今日はもう止めておきなさいふぅ〜ん。ところで幸恵塾に来るときにビデオ持ってきてくれる?

と、なんでもなかったような口ぶりで、用事まで頼まれたことに火ぶーがつきました。

「書いてやるぅぅぅ〜、窒息するまで書いてやるぅぅぅモゴモゴ

こんな感じで今まで猫男爵には上手くこき使われていますたらーっ


しかし、むしゃくしゃするこんなとき皆さんはどのように解消していますか?


私は少しいけないことをしたくなります。
そうです、不良になるのですイヒヒ

たばこも吸えませんしNO!、昼間からお酒を飲むほどお酒が好きでもありませんしNO!

でも不良をしたいときには「アイスな 飲み物」に限ります。

冷たい飲み物は女性の身体には絶対によくありません。

ですから、コーヒー党の私はもう、5年ほど前からアイスコーヒーをはじめ冷たい飲み物を止めました。

しかし、今日は別です。
なみなみとアイスコーヒーを作って、パソコンの脇にデンッ!と置いて、不良を味わいながら打ってPCいますイヒヒ

この罪悪感が書く気力を沸き立たせます。
でも明日からは又「アイスな 飲み物」封印バッドです。

よく何かを壊せばスッとすると言う人がいますが、私は駄目でした。
昔々、むしゃくしゃしたときに、着なくなった洋服を引き裂こうと引っ張ったら
心が「無理無理無理無理無理」と言って力が入りませんでした。

物にも命がある気がするので、そこまでの罪悪感に対しての責任が取れないのです。


自分の罪悪感に責任の取れないことを続けてしまうと
自分自身を傷つけることになります。


そうなれば、そんな自分から逃げたくなって又同じ事をしてしまう。

そして、どんどんエスカレートしてしまって深みにはまっていきます。



だから、えへへイヒヒと笑えるまでの憂さ晴らしの方法を見つけておかれると便利です。
自分を悲しませない程度の。



だから私には「アイスな 飲み物」程度が一番いいのですラッキー


そして、今週は泣きます!!


泣くという行為はネガティブな行為と受け取りがちです。
確かに、私もあまり好きではありません。


しかしながら、感情が入った涙と、埃やタマネギで出る涙の成分が違うってご存知でしたか?
感情が入った涙を流すことで、ストレスが緩和していくのです!

だから、よく泣く女性の方が長生きするという説もあるらしいのです


ご自身の感情と上手くお付き合いしていくには
我慢我慢しょんぼりの毎日ではなく、たまには涙悲しいすると言うことも大切な自分を愛する行為なのです



泣いて子どもやご主人にあたるのは、又違った悩みを生みそうなので、ここは映画をオススメしますラブラブ

私はしょっちゅうこの手で泣き崩れます。
猫男爵と金魚ピピピ姫が引く唖然くらい。

泣きそうな場面になると、金魚ピピピ姫がティッシュを持って横で待機をしてくれます。
猫男爵は、鬼の目にも涙と言わんばかりにうすら笑いを浮かべています。
二人とも映画を見ずに私の顔をじーーーっと見て楽しんでいるようですムニョムニョ

ここで、私がオススメの映画紹介をしてしまうと、
女性の皮をかぶった男性である事がばれてしまうので、
控えさせていただきますが、

映画を見て、大いにこれでもか〜と家族の前で泣き崩れてみてはいかがでしょうか。

感情込めて泣く悲しいことは、心の拭き掃除おてんきだと思ってやってみてください。


そして、今日飛んでいってしまった文章は
きっちり頭に残っております。
今日は意地でも書いてやるもんかぁ〜
といじけ脳になってしまっていますので、
大いに泣いた悲しい後、バージョンアップしてお届けいたしますねラッキー


やっと機嫌もなおってニコニコやる気グーが出てきた、
たった今、今ちょうど、猫猫男爵から電話が入りました。

猫 「今日はブログに集中してもいいよーこっちはこっちでできそうだから」

おっ! たまには優しいラブ?!

猫 「ついでに掃除もしといてねーーー」

結局用事ですかーーーーショック!?


本日は御清読ありがとうございました。
yukiejyuku * 簡単美脳 * 14:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

自分を変える、「意識」で変える

自分を変える・「意識」で変える


ある平日の昼下がり、私は珍しく家でテレビを見ていました。
「徹子の部屋」です。
まじめそうなおじ様が、とても素晴らしいお話をされていました。

そう、あの「脳トレーニング」通称「脳トレ」を開発された、東北大学の川島教授です。とても興味深いお話をされていました。

川島教授は認知症の患者さんを生活復帰させる為に開発したトレーニング方法を紹介していました。

一日10分、週3〜5回、本当に簡単な読み・計算をするだけで、重度の患者さんも半年くらいで回復するというのです。
どのような計算かというと、まずはリンゴを数個置いて、端から「1・2・3・・・」と数えていく。
一番難しいものでも、「1+2は?」「1+1は?」などの単純計算なのだそうです。



「そんなことで本当に認知症が回復するのですかぁ!?
と徹子さんも幸恵さんもびっくりびっくりしていたところ

(ここからが重要)
例えば・・・私達は毎日お買い物に行ったり、掃除をしたり、なんだかんだで身体をすごく動かしています。でも一日の終わりには「あーーーつかれたぁ」と疲労が残ります。しかし、週一回や月3回、幸恵塾で加圧トレーニングを45分したとしましょう。すると、筋肉が美しくつき、体力もアップするその違いは何なのでしょう。
それは、脳の意識だそうです。
意識せずに、ただ動くだけなら疲労を起こします。しかし
「さぁ、トレーニングするぞ」と決めて身体を動かすと筋肉は強くなり体力が付くのです



脳も同じです。
毎日私達は脳をフル活動させています。
しかし意識せずに読んだり、書いたり、話したり、考えたりしただけでは脳疲労を起こすだけなのです。
「よし、脳をきたえるぞ」と決めて脳を使えば、たった一日10分で単純な計算問題でも驚くほどに脳は鍛えられて、認知症をも克服してしまうのです。

意識して脳を使う。これぞ脳使いの奥義です。


「素晴らしい!それはまさしく美脳ですよね!
と私は画面の川島教授に問いかけました・・・
「はい、その通りです」と言ってはくれませんでしたが
でも、その通りです。

幸恵塾の8月からのテーマは、「意識する」でした
そこで川島教授のお話が聞けて、
オーーマイ ガット!?
頑張ろうと思った時に良く起こる「シンクロニシティー」です。



幸恵塾では、毎回鍛えるときにどこを鍛えるのか、どんな風になりたいのかをイメージしていただきます。そして、美骨の終わり、加圧トレーニングの終わりには必ずイメージトレーニングをしていただきます。
それが大切なのです。
ただ、筋肉だけを動かしてしまうと、筋肉は付きますが、理想的なボディーラインにはならないのです。

脳が全てをコントロールしている訳ですから、しっかりと脳を使いながらトレーニングしていかないと、欲しいボディーラインは手に入りません



「しんどい、しんどい」という意識だけでトレーニングをしていては、しんどいホルモンだけが分泌して、疲労感と嫌気だけが残ります。

ですから、まず、ダイエットでも、運動でも、どうなりたいのかという目標を明確にして、それを映像化します。
そうしてそれをいつも意識するようにしてください
そうしないと、ダイエットも運動もしんどいことですから、目標を映像で持っていないと、ダイエットする事が目的・運動する事が目的になってしまって、結局挫折でリバウンドです汗


特に8月は、ご自身の治癒能力の高さupに気づいていただくために、
ビフォーアフターでご自身のお体の変化を見てもらっています
凄く変化の出る方・でにくい方
変化が凄く出ているのに気づかない方・少しの変化に気づく方
様々です。
気づく事が素晴らしくて、気づかない事が駄目なことではなくて、
まずはご自身の身体に注意を向けること、意識することをしていきます。


すると必ずご自身の変化に気づく脳が出来上がります。

そこが大切なのです。

「自分はこうだ」という思い込みに支配されているときには、どんな変化が起ころうとそれに気づきません。

それが良い変化でも気づかないわけですから、やってもやっても「私は健康で綺麗になれない」と脳で呪文を唱えるわけですから脳が働きを止めてしまうか、努力を諦めてしまうかどちらかになります

それ以上に怖いのが、悪い変化が起こったときです。
身体の不調があっても、それに気づかずすごし、大きく変化が出たときには手遅れでした、という事になるのです。




私も最大体重74キロの時には、自分に一切の興味が失せてしまっていましたので、自分の変化に何も気づいていませんでした。
マッサージに行くと「凄い肩ガチガチですよーしんどいでしょ」といわれても「いいえ別に」
リフレクソロジーに行ったときにも、「わー足凄い冷たいですねー。辛いでしょ」といわれて、「いいえ全然。冬でも素足です」
しかし、気づいたら生理はすでに3年止っていて、髪の毛は抜けて薄くなっていましたし、息切れがひどく不整脈の検査を受けていましたし、めまいがひどく病院に行ったら、メニエルと左耳の突発性難聴で立てなくなっていました。
でも、私は自分で体力がある元気だと思っていまた撃沈。不調に気づかないまま時が過ぎ30代の若さでこのざまです困惑

今はかなり自分に意識を向けていますので、少しの変化もわかるようになりましたラッキー


要は自分に意識を向けるというのは、最大に自分を愛する行為ですラブそして、脳をフル活動するということは、自分で自分の生き方を決める行為です
どんな自分になりたいのか、どんな生き方をするのかを自分で決めるということです。
決して人任せにしない、もっと言えば、出た結果を人のせいにしない生き方です。

美と健康も時間と年齢のせいにしないで、一般論の年齢値ではなく、自分で今のご自身の美と健康・アンチエイジングの質を決められるのです。

脳さえ上手く使えばグッド


脳を上手く使いこなしてください。
まずは意識することからです。


目の前の長い駅の階段も
「あーーーしんどいムニョムニョと思わずに
脳を切り替えて
「さっ、お尻と裏腿を鍛えましょうラッキーと決めて
お尻に力を入れて軽やかに上りきってみましょう。
そして必ず「私やるじゃん 又美しくなったわ」
と自画自賛もお忘れなく


自分は変われる、意識で変われる
やってみましょうグー

yukiejyuku * パーフェクトアンチエイジング * 12:00 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

美意識を見直そう

美意識を見直そう!!


先日、娘の金魚ピピピ姫が悲しそうな顔ポロリで私に聞いてきました。

ピピピ「お母さん、私って足太い?」

ギョギョびっくりなんて事を!?
そんなことはありません!
確かに細っこい、華奢な足ではありませんが、長年バレエをしているおかげで、まっすぐで綺麗に筋肉のついた、親が言うのもなんですが惚れ惚れするほど綺麗な足です。

女「誰がそんな事を言ったの?」

ピピピお友達。でもやっぱり皆より金魚ピピピが一番足が太かったよ・・・」

女「ちょい待ちパー、金魚ピピピ、まず人と比べてどうとか言うのは止めよう。
 金魚ピピピ自身が綺麗か綺麗じゃないかが大切でしょ。 ○○ちゃんより綺麗か綺麗じゃないかなんて、意味も無いし、世界が小さい。
 どうせ目指すなら世界を目指しなさい!(私はいつも話がオーバーだと言われます)。
 では、答えを言います。
 まず、金魚ピピピの足は長くて綺麗です
 ただの細い足ではなく、きちんと筋肉がついていてまっすぐで、前から見ても横から見ても、後ろから見ても形が美しい、そしてお尻ですがこれまた綺麗。なぜかというと・・・(延々頭の先まで褒めちぎる)・・・です。
その美しさをもっと沢山にするためには何をすればいいの?(必ず目標設定を入れる)」

ピピピ「頑張ってお野菜を食べる。柔軟体操を毎日がんばる。」

女「OK。それをやり続けたらびっくりするくらい美人になれるよ星
だから心配しないこと!
こんなにかわいく産み育てた天才お母さんが言うんだから間違いない(必ず洗脳で締めくくる)。わかりましたか?」

ピピピ「はい、解りましたおはな。」と満足そうでしたモグモグ

「そうよねー困惑、あなたの足はお母さんに似て筋肉質で太いもんねー撃沈なんて言った日には、
「私の足は太い足。お母さんに似て太い足」と呪文のようにイメージし
本当に太い足になって、それがコンプレックスになるのです


そして「なんでもっと細い足に産んでくれなかったのー悲しいこんな足になったのはお母さんのせいだーー怒りマーク汗
私のように思春期に母を攻め立てるのです。(おかあさんゴメンネ困惑)
あーーー怖いおばけ



大体、とるに足らないコンプレックス(本人にとっては人生をも変えてしまうほど重いものではありますが)の元を正せば、親兄弟や友達から受けた、心無い一言だったりする事が多いように思います

本人はとても苦しんでいるのに、言った本人は全く覚えていないほど無責任でいい加減な一言ぶー
言葉には魂が宿っている=言霊(ことだま) と考えて、やっぱり『美言葉』を発信していかないといけませんよね。


しかし、今の若い女性の美意識は少し極端な気がします。

とにかく細ければイイ。
筋肉は敵だ



それが小学生にまで浸透しているとは恐るべしおばけ・・・

確かに今の若い女性のお洋服などは、細身でワンサイズの物も多いです。
中肉中背ではとても美しくお洋服を着こなせません的な視線を投げかける細すぎるモデルたち。

確かに綺麗だと思います。・・・っが心配でもあります困惑
この子達、いつまで美しくいたいのだろう
20歳代までが女の華だと思い込んでるのではないか?・・・と。


そして、その「細すぎるに越したこと無い」美意識を引きずる大人の女性が多いのも事実。

私は学生の頃(バブル花盛り時代)、高級ミセス向けブティックでアルバイトをしておりました。
ミセスの方々は13号サイズや15号サイズなんて当たり前でした。
私が驚いたのはミセス達が試着をした際に必ずおっしゃるこの一言です。
「私も若い頃は9号だったのよ!
「若い頃は7号でもブカブカだったんだから!


「絶対にウソだ、なぜミセス達はそんな解り易いウソをつくのか・・」
謎でした。
でも自分が40歳を過ぎて、謎は解けました。
ウソではないのです。ミセス達は本当に若い頃にはナイスバディだったのです。しかし、それを維持する方法を誰にも教えてもらわなかったか、諦めてしまったがために、代謝が落ちる年齢を成すすべなく過ごしてしまい、老化を加速させてしまったのです


ただ細いだけの、筋肉の無い身体は、30歳を越えた頃には必ず自分自身を支えられなくなります。

筋力が弱くなると、もちろん背中の力も入りませんから猫猫背になります。
そして胸や内臓が落ちてdownきます。


でも女性は食べるソフトクリームラーメンケーキビール事が大好きですので、食べ物はどんどん身体に入ってきます。すると益々内臓は下垂しますdowndowndown
するとそれを支えられなくなった骨盤は広がって支えようとしますbacknext

それでも落ちてくるのでdown、落ちてくるものでお腹の前が出っ張ってきます。

広がった骨盤のせいでお尻が大きく四角くなったと思ったら、あれよあれよとお腹が出てきます。
(下腹が出ているのをタダの贅肉と考えている方が多いようですが、それは内臓です。その内臓を守る為に皮下脂肪が盾の役目を果たしているのです)

さらに歪められた骨盤はO脚を引き起こします
下がった内臓には負担がかかりますから、働きが鈍くなります撃沈
筋肉が無いわけですから、消費カロリーはもちろん低くなるわけで全身のタルミとともに、贅肉が身体を包みます
そうなるともう、身体は冷える結晶はむくむゆきは、肩はこる工具は、頭痛はす雷るは、腰は痛く汗なるは・・・などなど不調のオンパレードです。

老化は加齢で起こるものではなく、身体の機能の低下で起こるのです!!

考えてみてください。
ヨガやピラティスやランニングや加圧トレーニングなどを流行らせたのは女優さんやモデルさんたちです。しかも皆、30代40代の方々です。

皆、ある年齢を超えたら何かしらはじめているのです。たとえ生まれつき細くて美しいといわれる顔や身体を持った女性たちでもです。
気づくのです。このままでは自分の身体を支える事が出来ないと。
その時に皆「筋肉」の大切さに気づくのです



そして、「筋肉」といえばすぐに「ムキムキ」という言葉を連想してしまう方が多いこと多いこと。
筋肉は鍛え方によって形も大きさも違ってきます。
しかも女性が「ムキムキ」になることは基本的にありませんし
もしあるとすれば、それは想像を絶するほどのトレーニングをしているはずです。
私達が美容と健康の為に運動する程度では(ただしちゃんと重心やコアを意識して鍛えていくことが大切)身体のラインが美しくなることはあっても「ムキムキ」にはならないのです。

だから、怖がらずにちゃんと運動しましょう。
ただ細いのが全てというだけの価値観は卒業しましょう


人生は80年の時代、何歳まで美しくいたいのかそして何歳まで健康で元気で、自分の足で立って歩きたいのか

ご自身の将来の経済設計・美容設計・健康設計をちゃんとしましょう。
そうすれば、今何をすればいいのかが見えてきます。


そして、ささやかなコンプレックスと決別する為にも
自分自身で自分を変える努力をしてみませんか?


運動には脳を鍛える効果もあります。

無駄の無い、でもまろやかで引き締まった女性らしいボディー、
そして明晰な頭脳。
これを叶えるのは、運動しかないのです


「筋肉」こそアンチエイジングの強い味方ワッ!
今こそ本当の女性の美に目覚めましょうグー


さあ、長い梅雨も明けましたおてんき
皆さんも、長い梅雨を早く明けさせておてんき、人生の夏を謳歌しましょう!




yukiejyuku * 簡単美脳 * 11:26 * - * - * pookmark

売り言葉に、褒め言葉

売り言葉に、褒め言葉グッド


私には8歳になる娘、通称:金魚ピピピがおります。

私は子どもを子どもとして接するのが苦手なので
いつも大人に言うように接してきたので
嫌というほどマセテいますモゴモゴ

というのも、私は十数年間 人材教育に携わってきて
社会人になるという一つの教育の区切りの人々を何百、何千と見てきて
両親の教育や考え方、学校での過ごし方などが本当にその子達の価値観や行動を決めているのだと
嫌というほ痛感させられたので、
実際、自分の子育ての時は大いに悩みました。
なので、小さい頃から
子どもだから・・・という考えには至らず
子どもは大人になるための訓練期間として子どもに接していました。

少々個性的に育った感はありますがイヒヒ
まあいい子に育ちました。

しかしながら、女の子は口が立つ・・・
ああ言えばこういう。
親より気がついて、指図する。
親の至らないところを説教する。
こんなことは日常で、自分が忘れていたことでも
「今しようと思ってたの」
と偉そうに言い返す。

噂には聞いていましたが、小学校入学前後から
偉そうな口ぶりは、猫猫男爵が言うところの
『私にそっくり』になってきましたたらーっ

美脳を知らないときは
「うるさいっ!」とか「口答えしないっ!」とか「親に向かって偉そうに言わないっ!」と一喝して、さらに口答えされて大喧嘩になって、
猫男爵が
「お前たち二人ともうるさ〜い怒りマーク
とよく怒られていました。

まあ、毎朝の恒例行事でしたので、
「お願いだからゆっくり寝かせてください汗
とついには猫猫男爵から泣きが入ったものです。

美脳を知った今、ちゃんと美言葉で返せているので
ケンカもなくなり、超ラブラブラブに過ごせているので
ご参考までにお伝えしますね。


まず、脳は映像の次に、言葉によって影響を受けます。
だから、言葉というのは大切
です。
脳の特徴を簡単にまとめると

1、耳から入った言葉によってイメージした事を実現しようとする
2、脳では主語はすべて「私」


怖いですね。
例えば子どもによく言っていた言葉
「ホントに何回言っても出来ない子やねー」
などは
子どもの脳はそれを聞いて「自分は出来ない子だ」と思いそれを実現しようとします。それを言った私も「私は出来ない子だ」と思いそれを実現しようとし、横で聞いていた猫男爵も「僕は出来ない子だ」と思ってそれを実現しようとする。

脳内悪循環down
そうです、悪口やネガティブワードは相手や自分だけでなく周りの脳を駄目にして、それを実現させてしまいます。
あーーー怖いおばけ

それを知ってから、かなり努力して言葉を変えていきました。
特に金魚ピピピ姫に対して。

まずは必要以上に「かわいい」「かわいい」を連発しました。

文句ばっかり言っていたときは、かわいいなんて寝ているときにしか思いませんでしたが、「かわいい」といい続けたら、本当に心底かわいいと思えてきました。なにより金魚姫の態度と顔が激変しました。
態度がかわいくなって、なんと顔までかわいくなった!?のです

なぜ金魚ピピピ姫かというと、昔はフナ魚にそっくりだったのですが、最近はかわいくなって金魚に似てきました。そして、人魚姫のアリエルが好きだったので、だから金魚ピピピ姫です。

例えばすれ違うたびに
かわいいわ〜ハート


怖い顔で偉そうに言ってきたら
かわいい顔やのに、優しく言って」というと
「ごめんなさい」
と言える様になったり。

「野菜も食べなさい」と怒っていたときは口にも入れなかったのに
金魚ピピピはこれ以上かわいくなったら、皆がびっくりするから、野菜は必要ないか・・・
というと、むしゃむしゃ食べたり


「明日の用意したの?」というと、偉そうに
「もうしましたー」と帰ってくるので
「それは天才といか言いようが無い」というと
照れくさそうにしています。

ついには、
「お母さん、かわいい顔やねー」と私を褒めるまでに

そして、さらに
「ねえ金魚ピピピちゃん、そんなにかわいく産んで育てたお母さんって天才って思わない?」
と聞きます。
娘は自分を褒められ、肯定したいけど照れくさい、でもお母さんは天才だと言ってあげたいから、自分をかわいいと認めざるを得ない
うん、お母さんは天才。塾長さんやもんね

猫男爵にも
「あなたって凄いよねー。人を見抜く力がある。私みたいな素敵な女性を妻にするんやから」

間接的自画自賛。

私も自分を褒めやすいですし、猫男爵も笑いながら
「そうです」と案に自画自賛。

皆がハッピーです。


私は仕事オンリーで、本当に決していい母ではありません困惑
しかし、
私は駄目なことは駄目と言える親でいたいので
子どもだからと大目には見ません。

間違ったことや、解らないことはとことん話し合っていきたいと思います。

ただ単に甘やかすというのではなく、
そうではなく、必要以上に脳を怒り怒りマークという感情で満たすことに意味もなければ、そこに幸せは来ないのです


子どもは本当に親の影響をものすごく受けています。
たとえ本当にかわいい顔をしていなくても
絶対に「かわいい」「天才」と言わないといけないと思います。
怒るときでも、「かわいい」「天才」が前提て怒らなければ
子どもの脳はどんどん駄目な自分をイメージして自信を失います。



大人の女性たちと一緒に美しさを創る仕事をさせてもらって
一番思うこと。
それは女性の本当の美しさは造形ではないということです。
中から湧き出る自信が女性も男性をも輝かせるのです。
女性にとって造形を創る作業は、自信を取り戻す作業の一つなのです。


小さい頃や若い頃に受けた傷がコンプレックスとなってしまいます。
コンプレックスなんて、本人にとっては重大なことでも
他人からみると些細なことや、とるに足らないことです。
しかし、そのコンプレックスによって、どれほどの人が
人生のチャンスをみすみす見逃していることか・・・



私はコンプレックスの塊で、
みすみすチャンスを逃し続けてきたので
娘には同じ轍を踏ませたくありません。
だから、かわいかろうとそうでなかろうと
「あなたはかわいい」といい続けるのです!


人間の容姿や性格はほとんど「自分の思い込み」によて決まっている
と思います。
ようは自分に対して「よい思い込み」をしたほうがいいのです



娘には やりたい事を、行きたい場所を、着たい服をさっと握れる人になって欲しい と思っています。

それは、娘だけでなく塾生さんや多くの女性たちにも同じです
そして私にもラッキー


そのためには、美脳宣言しましょう。
今日から、腹がたっても必殺『美言葉返しYES!
売り言葉に、褒め言葉グッドです。


yukiejyuku * 簡単美脳 * 12:51 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

『可能性の海』 へ冒険に出かけよう

可能性の海』へ冒険にでかけようグー

昨日は、私の「美脳の講演会」が心斎橋「モノリス」でありまして、
沢山の方に来ていただき、本当にありがとうございました

この「美脳の講演会」も5回目です。
少し慣れてきたとはいえ、久々に大勢の人の前でお話すると言うことで
やはり気合がはいりました。

今回は、日食の日と重なっていましたので
私の中にもテーマを持ってのぞもうと決めていました

日食というのは、不吉と古代では言われてきたそうですが、
デトックス・再生・新たなスタートという意味もありますし、
何より神秘的で、美しさを積み重ねるには本当に良い日だと思います。


こんな日に「美」についての講演会をするのですから、
来ていただける人にももちろん美しくなっていただきたいし、
私もこの際「美」に関して何か冒険してみようと思いました。


まず、一つ目ファッション
私は手足を出さないファッションを好んでします。
もちろん手足に昔からコンプレックス困惑があるからです。
今は運動もしていますから、タルタルした感じはありませんが、
長年「スカートは駄目 腕や肩を出しては駄目」と思い込んできたので、無意識に選ぶ服は無難な物を手に取りがちでした。

周りからは「出せばいいのに」と言われていましたし
私のファッションアドバイザーのかーこ先生は
「肩まで出しなさい」と言われていましたが
「そーですか〜ふぅ〜ん」と流していました。

しかし今回は、かーこ先生の言いつけを守って、スカートか肩から先を出す・そして美しい色を着ると決めて、猫男爵にチョイスしてもらいました。
鮮やかなブルーのチェニックに白のパンツ。
もちろん腕肩丸出しです。



そしてヘアー・メイク
いつも巻き髪風で、メイクも自分自身で少し気合を入れてしておりましたが、今回は私の美の伝道師のヘアーメイクアップアーチストのマヨマヨにバッチリしていただきました。しかも、流行のユルフワ盛りヘアーにお初のクリーンブルーを使ったリゾートメイク。
キュート&セクシーな感じにしてもらいました。


そしてドキドキラブしながら、いざ講演会へ。

これが又、アシスタントで来てくれていたりえちゃん先生・かーこ先生共大絶賛(いつも褒めてくださるのですが、今回は「わぁ〜!」「すてきぃ〜!とか感嘆符をいっぱいいただきました)
リピーターの受講生の方からも
「先生、雰囲気が変わって、かわいくなって素敵〜。人って本当に年齢を重ねてもかわいく若くなるのね〜〜」と褒められ
今回はびっくりするくらい、写真を一緒にとって欲しいと並ばれ
今回参加してくれていた、りえちゃん先生の超美人の娘・サトリン(プロ級のセンスを持っていて、美容の達人。辛口コメントのベッピンさん)に
「幸恵先生、今日は服もメイクも髪型も「おぉぉ」って思ったよー。すごい良い」
と嬉しいお言葉を頂き、
講演会終了後、とんぼ返りで幸恵塾に戻ったら、スタッフにも絶賛され
「幸恵先生、今日バーに行ったら落とせますよ」
と解るような解らないようなコメントももらい、
ミーコ先生の23歳の無口な息子・ユウユウですら、いつも会っている時は特にコメントなんか言わないくせに
「・・・今日は・・・なんか・・・すごい綺麗・・・」
とボクトツと褒められ、
うちの金魚ピピピ姫(娘8歳)には「私も化粧していい?お母さんみたいがいい」
とねだられ、
猫男爵にいたっては、照れて怒り目もあわせてくれなかったのです。ムニョムニョ



ここまで書いて、思いました・・・汗
そうよプロよ、プロがしたのよ困惑・・・
どんなに褒められても、昨日の私はプロが描いたのよ唖然・・・
っと。
すると

昨日は目も合わせなかった猫猫男爵が
今日ははっきりとノーメイクの私に目を合わせて言いました

「それはあなたの底力でしょ。余力を残したままだと駄目でしょ。
毎日底力振り絞って昨日の状態でいれば、又別の底力が湧いてくるでしょ。」
と。
本当にこの人は、欲しい言葉掛けは一切無いくせに、ごくたまに満塁ホームランを打つ人です。


猫男爵の言葉がガツンときました。
あーーー私は何を今までやっていたのでしょうか?
おやっさんから脱却できたことで満足してしまっていたのか
これが自分の100パーセントと思い込んでいたのか



嫌でも私達は歳を重ねます。だから今のままを維持するだけでも努力は要るのです。それは解っていましたが、自分の可能性までには目を向ける事をしていませんでした。というより、可能性がある事を知りませんでした。

もったいない。てれちゃう

うちの先生たちが50歳を過ぎでも美しいのは
ご自身の可能性を信じて磨き続けていたからなのです。


褒められることは本当に嬉しいことです。
何よりも自分のご褒美になりますし、自信や明日の糧になります。
努力をしているからこそ、褒められる価値があるのだなーと思います。

今回、ビューティーシャワー(素敵な言葉掛け)をいっぱい浴びて、
とっても嬉しくて、照れくさくて、でもワクワクする気持でいっぱいになったら、昔は頑張った結果褒められればいいわ、と思っていましたが、今は純粋に褒められたいから頑張りたい、と小学生の時のように思います。



ここで誓います。
幸恵塾塾長の私幸恵は、小さくまとまることなく心を入れ替えて、これから益々精進させていただきます。汗

精進その1
自分の顔と向き合う為に、マヨマヨのメイク教室にもう一度通います。そして、恐ろしく少ないメイク道具や化粧品を見直し、無難な色ばかりでなく綺麗な色なども少しずつ充実させていきますパー

精進その2
美しい色の服を着、自分のトラウマに翻弄されないで、腕・肩たまにはスカートもはきます。そのために、運動・食事を見直しますパー

精進その3
やっとやっと出来るようになった巻き髪ばかりしないで、かわいくアレンジできるように、指がツッテも練習して披露しますパー

精進その4
華やかに装うことの罪悪感を捨て、冒険のできる素敵な40代を過ごしますパー



皆さんにもたまには冒険して、プロやプロ技を持つ人たちに自分の底力を引き出してもらうことをオススメします。
頻繁でなくても、年に1回やお呼ばれなんかの時にでも。
また、センスの良い人とお買い物に行くこともオススメです

自分自身を「思い込み」の檻から出してあげると本当に可能性の海船は広がっているのです
さあ、冒険の海へ漕ぎ出そうグー!


さてさて、私の講演会の様子とその日の服装・ヘアメイクの様子は
リンクにあります「きしみいるネイルサロン」の7月22日を見てください。

私の大親友である、美の伝道師の1人でもある
ネイリストのきしみいるちゃんのブログです。
彼女もびっくりするほどの美人です
私の周りは美人が多いですラッキー
がんばってパソコンも勉強して、早く写真もアップできるようになります



yukiejyuku * 美の伝道師達 * 12:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ